2011年04月17日

「人を動かす人」になるために知っておくべきこと



部下と素晴らしいチームを作って、より良い仕事をする為のヒントが満載。
コーチングを勉強している人には、ツボにはまる所が多いと思います。
例え話もわかりやすく、理解しやすい。
posted by わっきぃ at 14:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 新書・文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

amazon

amazon


posted by わっきぃ at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 新書・文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

プロとして恥ずかしくないWEBデザインの大原則

プロとして恥ずかしくないWEBデザインの大原則
ラベル:Webデザイン
posted by わっきぃ at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 新書・文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロとして恥ずかしくないWEBレイアウトの大原則

プロとして恥ずかしくないWEBレイアウトの大原則
ラベル:Webレイアウト
posted by わっきぃ at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 新書・文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月10日

マツダはなぜ、よみがえったのか?

マツダはなぜ、よみがえったのか?
宮本 喜一
(著)
マツダはなぜ、よみがえったのか?

著者からのコメント
日本の自動車会社の再生・復活、ということばから連想される企業は?――日産自動車、というのがその一般的な答えだろう。カルロス・ゴーンのもと、日産は鮮やかに甦った。それがあまりにも鮮やかだったために、もうひとつ、経営不振から外国資本の傘下に入った企業、マツダの再生はほとんど話題にもならなかった。むしろ反対に、フォードの傘下で苦しんでい...
続きを読む

 

 

目次

はじめに 〜なぜ、マツダの復活をとりあげるのか?

第1章 RX−8開発物語 〜フォードの「無理難題」にマツダの現場が「答え」を出した

マツダの現場とフォードの経営が生んだクルマ
プロトタイプRX−01から始まる
小さなボディのどこにロータリーエンジンを積むのか
燃費が悪い――ロータリ
続きを見る

 

posted by わっきぃ at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 新書・文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月04日

スペシャル・フィーチャー

忍び寄る牙ジェッシイ・ストーン・シリーズ    ハヤカワ・ミステリ文庫
ロバート・B・パーカー (著), 菊池 光 (翻訳)
忍び寄る牙

内容(「BOOK」データベースより)
刑務所を出たプロの犯罪者マクリンは、塀の中で面白い話を聞き込んでいた。パラダイス港に浮かぶ小島、スタイルズ島のことだ。島には金持ちの高級住宅と銀行があり、一本の橋で本土とつながっている。警備は民間の警...
  続きを見る

posted by わっきぃ at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 新書・文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。