2004年12月10日

マツダはなぜ、よみがえったのか?

マツダはなぜ、よみがえったのか?
宮本 喜一
(著)
マツダはなぜ、よみがえったのか?

著者からのコメント
日本の自動車会社の再生・復活、ということばから連想される企業は?――日産自動車、というのがその一般的な答えだろう。カルロス・ゴーンのもと、日産は鮮やかに甦った。それがあまりにも鮮やかだったために、もうひとつ、経営不振から外国資本の傘下に入った企業、マツダの再生はほとんど話題にもならなかった。むしろ反対に、フォードの傘下で苦しんでい...
続きを読む

 

 

目次

はじめに 〜なぜ、マツダの復活をとりあげるのか?

第1章 RX−8開発物語 〜フォードの「無理難題」にマツダの現場が「答え」を出した

マツダの現場とフォードの経営が生んだクルマ
プロトタイプRX−01から始まる
小さなボディのどこにロータリーエンジンを積むのか
燃費が悪い――ロータリ
続きを見る

 

posted by わっきぃ at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 新書・文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月07日

土日にできる大人の小遣い稼ぎ The New Fifties

土日にできる大人の小遣い稼ぎ    The New Fifties
日向 咲嗣 (著)
大人の小遣い稼ぎ

内容(「BOOK」データベースより)
近ごろサイフが軽いとお嘆きの貴兄におくる、空いた時間を活用し、心は軽く、財布は重くするサラリーマンのおいしい副業ライフのガイド。

 

 

 

目次

序章 オジさんたちの楽しい小遣い稼ぎライフ
1 中高年の小遣い稼ぎその哲学と精神
2 おいしい話をみつける小遣い稼ぎゼミナール
3 時間帯別だれでもできる小遣い稼ぎ
4 本当は教えたくない小遣い稼ぎ「超おいしい話」
5 特技と資格を活かす小遣い稼ぎ「最新情報」

posted by わっきぃ at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし・健康・子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月04日

数字を使える営業マンは仕事ができる

数字を使える営業マンは仕事ができる―数字嫌いのための統計活用術
内山 力
(著)
数字を使える営業マンは仕事ができる

内容(「MARC」データベースより)
数学の苦手なすべてのビジネスマンを対象に、ビジネスへの数学の活用方法を紹介。売れる商品、売れる数、売れる時期を予測するための考え方、手法を会話形式・豊富な図表でわかりやすく解説。

 

 

目次

第1章 商品力を数字で表す(お客様に必要とされる営業マンになりたい
うちの商品には「力」がない? ほか)
第2章 明日はいくつ売れるかを予測(顧客と目標を共有する
普通にやれば売れる数字 ほか)
第3章 新しい店の売上を考える(オープン前なのに、年間の売上高を予測?
他店のデータから予測する ほか)
第4章
続きを見る

posted by わっきぃ at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済・キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月02日

人間発見 私の経営哲学

人間発見 私の経営哲学    日経ビジネス人文庫
日本経済新聞社 (編集), 日経= (編集), 日本経済新聞= (編集)
私の経済哲学

内容(「BOOK」データベースより)
何をきっかけに経営者として開眼したか、人として成長できたか。経営者が自らの言葉でその生い立ちと経営哲学を語る決定版。日経本紙夕刊の連載「人間発見」から、注目のトップ24人を集めてオリジナル文庫化。

 

目次

1章 人に助けられてこそ飛躍できた(人の知恵は限りない、だからとことんやる/張富士夫氏(トヨタ自動車社長)
優良企業のカギは「人」にあり/御手洗冨士夫氏(キヤノン社長) ほか)
2章 競争こそが成長するきっかけ(米国留学で学んだ競争の楽しさ/岡田元也氏(ジャスコ社長)
言葉より、結果で判断されたい/カルロス・ゴーン氏(
続きを見る

posted by わっきぃ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・経済・キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。